金やダイヤ、ブランド品の高価買取は愛媛のGOLD JAPAN

GOLD JAPAN(ゴールドジャパン)TOPページへ

  • 選ばれる5つの理由
  • 高く売るコツ
  • 貴金属のお手入れ
  • ブランド品のお手入れ
  • >店舗のご案内

08月13日

K24インゴット

¥4,408-

Pt1000インゴット

¥3,026-

ゴールドジャパンブログ


貴金属・ブランドの知識集
コピー品撲滅
ご注意ください

シャネル

1910年、ココ・シャネルがパリのカンボン通り21番地に「シャネル・モード」という帽子専門店を開店したのが始まり。
1913年、リゾート地ドーヴィルに第1号のモードブティックを開店。続いて1915年、ビアリッツに「メゾン・ド・クチュール」をオープンして、シャネルはオートクチュールのデザイナーとして本格的にデビューする。
1916年に第1回シャネル・オートクチュール・コレクションを発表。安くシンプルで着心地がよく、無駄のない、ジャージ素材を取り入れたドレスが話題となる。

1921年、本店をカンボン通り31番地に移転。調香師のエルネスト・ボーにより、シャネル初の香水「No.5」を同年の5月5日に発売。
数字の「5」に縁起を担いで発売をこの日にしたと言われている。脂肪族アルデヒドを大胆に使用した香調で話題となる。「No.5」の名前は試作品番号から取られた。

1939年9月の、第二次世界大戦の勃発とともに、香水とアクセサリーのブティック以外の全店を閉鎖。

シャネルは1944年より10年間、その晩年をスイス、レマン湖地方のローザンヌで過ごした。
レマン湖畔に佇むホテル、ボーリヴァージュ・パレスは、シャネルがローザンヌでの住まいとしたお気に入りのホテルであった。

フランス開放後10年を経た、1954年になって閉鎖店舗が復活。カンボン通りの店を再開し、オートクチュール・コレクションも復活させる。

1970年、香水「No.19」(en)を発表するが、翌1971年、住居としていたオテル・リッツでシャネルが死去した。
その後、カール・ラガーフェルドがデザイナーに就任。シャネルのスタイルを守りながら、時代の空気を取り入れた新しいシャネルを提案し、ブランドとしての再興を果たす。

製品の大多数は自社工場で製造されているが、サングラス・メガネフレームはイタリアのルックスオティカ社がライセンスを受けて生産している。

ブランド品買取りのご依頼は、ゴールドジャパンへご相談ください。
シャネル買取りを強化しております。

松山本店

松山市山越3-6-30
マリンビル1F
>>アクセスマップはコチラ

TEL:089-927-0246
(営業:10時~19時/年中無休)

今治店

今治市中寺256-5
>>アクセスマップはコチラ

TEL:0898-35-0561
(営業:10時~19時/火曜定休)

新居浜店

新居浜市西の土居町1-3-28
TOKYOネバーランドビル1F
>>アクセスマップはコチラ

TEL:0897-37-1877
(営業:10時~19時/火曜定休)

宮崎店

宮崎県宮崎市橘通東4-6-27
中野ビル1F
>>アクセスマップはコチラ

TEL:0985-65-5610
(営業:10時~19時/火曜定休)

TOPページへ戻るこのページの先頭へ