金やダイヤ、ブランド品の高価買取は愛媛のGOLD JAPAN

GOLD JAPAN(ゴールドジャパン)TOPページへ

  • 選ばれる5つの理由
  • 高く売るコツ
  • 貴金属のお手入れ
  • ブランド品のお手入れ
  • >店舗のご案内

10月03日

K24インゴット

¥8,039-

Pt1000インゴット

¥4,127-

スタッフブログ

コピー品撲滅
ご注意ください
松山・宝石・貴金属買取

コーチ

コーチ(COACH)はアメリカのファッションブランド。社名の頭文字であるCのモノグラム柄のハンドバッグや財布、パスケースなどが代表的な商品で、柄の種類やレディース・メンズの各ラインによりシグネチャー、オプアートなど豊富なバリエーションを展開している。
日本では、20代~30歳前後の女性の購入単価や購入頻度の高さが特徴である。

社名は「乗り物」を意味しており、馬車の代名詞であったハンガリーのコーチ (Kocs) という都市名からきている。

1941年、ニューヨークのマンハッタンで創業。
創業当初は野球グローブの革を使用したバッグなどをアメリカ国内で生産する比較的小規模なファミリー企業で、メインターゲットは比較的高齢の男性であった。
60年代に製造小売のコレクション展開をスタート。

ドレスにマッチする機能的なアクセサリーをデザインし、これがヒット。その他、キーケース、サングラス、化粧品用のポーチなどを発表。こうしてコーチは高級ブランドとして成長した。

90年代になるとコーチは高齢層向けのブランドのイメージが定着していたが、ファッションの方向性を大きくしシフト、デザイン、広告等あらゆる面で若者向けにイメージを一新。
ルイ・ヴィトンやエルメスほど価格が高くない割りにしっかりとした造りで、素材も良く、高品質のレザーグッズは多くの支持を集める。
アウトレットを有効に活用し、アウトレットで比較的低価格で製品を販売、その後、製品の良さを実感したユーザーが、旗艦店で購入するフローを作った。このようなトータルの戦略が功を奏してブランドは急成長を達成した。

2001年、日本市場を中心に人気のあるキャンバス地のシグネチャー・ラインを発表し、その後のコーチの流れを決定づけた。

ブランド品買取りのご依頼は、ゴールドジャパンへご相談ください。
コーチ買取りを強化しております。

松山店

松山市山越3-6-30
マリンビル1F
>>アクセスマップはコチラ

TEL:089-927-0246
(営業:10時~19時/年中無休)

TOPページへ戻るこのページの先頭へ