金やダイヤ、ブランド品の高価買取は愛媛のGOLD JAPAN

GOLD JAPAN(ゴールドジャパン)TOPページへ

  • 選ばれる5つの理由
  • 高く売るコツ
  • 貴金属のお手入れ
  • ブランド品のお手入れ
  • >店舗のご案内

05月23日

K24インゴット

¥4,693-

Pt1000インゴット

¥3,293-

前日比+26円

ゴールドジャパンブログ


コピー品撲滅
ご注意ください

オリエント

オリエントは、 1901年(明治34年)、吉田庄五郎氏が東京上野元黒門町に吉田時計店を創立し外国製時計の輸入販売を開始したのが創始である。

1913年(大正3年)頃から菱形にYS印の懐中時計金側(タバン、ナルダン、チソット、ウオルサム用など)の製造を開始し、 1920年(大正9年)には蒲田竹次郎氏(蒲田時計測製作所)と協力し東洋時計製造所を下巣鴨に設立、 製造の主力は置時計等のクロックでウオッチ系(懐中・腕時計)はチソット、レオニダス、オメガ、エニカ、 タバンなどの舶来品を販売していた。

昭和9年(1934年)にシーマをモデルにして腕時計業界への進出を企画し、昭和11年3月に清洌な多摩流域を選んで白亜四階建の堂々たる 日野工場が完成した。
製造された腕時計は「Locle」「Aikoku」などである。

戦時中は全面的に航空兵器製造に切り替えられたため技術の空白域となり戦後の競争の遅れをとったが、 終戦により1945年(昭和20)年には東洋時計製造株式会社として操業を開始、 しかし戦時中の拡張過重のために戦後経営が混乱状態になり、やがて会社は整理、工場は閉鎖の止む無きに至った。

解散した東洋時計製造株式会社は、埼玉県に置時計工場があり、これを「上尾工場」といい、 東京都南多摩郡の腕時計工場を「日野工場」と呼んでいた。

その後、上尾工場を主体として置時計専門の製造会社「新東洋時計株式会社」が新生、 一方、日野工場を母体に腕時計専門の製造会社として生まれたのが「オリエント時計株式会社」である。

東洋時計日野工場の残留社員が集まり、主力工場であった東京都南多摩郡所在の日野工場の施設一切を借り入れ、 昭和25年7月13日、資本金100万円の多摩計器株式会社を創立し、本社を東京都中央区銀座7丁目に置いて、 本格的な工場再建を努めるところとなり、翌昭和26年4月に社名をオリエント時計株式会社に変更、 同7月には社員300名を以って「NEW ORIENT (CENTER SECOND)」等の腕時計を 月産5,000個生産の他、輸出用超小型ポールベアリングを製作するまでに回復した。

時計買取りのご依頼は、ゴールドジャパンへご相談ください。
オリエント買取りを強化しております。

松山本店

松山市山越3-6-30
マリンビル1F
>>アクセスマップはコチラ

TEL:089-927-0246
(営業:10時~19時/年中無休)

今治店

今治市中寺256-5
>>アクセスマップはコチラ

TEL:0898-35-0561
(営業:10時~19時/火曜定休)

新居浜店

新居浜市西の土居町1-3-28
TOKYOネバーランドビル1F
>>アクセスマップはコチラ

TEL:0897-37-1877
(営業:10時~19時/火曜定休)

宮崎店

宮崎県宮崎市橘通東4-6-27
中野ビル1F
>>アクセスマップはコチラ

TEL:0985-65-5610
(営業:10時~19時/火曜定休)

TOPページへ戻るこのページの先頭へ