金やダイヤ、ブランド品の高価買取は愛媛のGOLD JAPAN

GOLD JAPAN(ゴールドジャパン)TOPページへ

  • 選ばれる5つの理由
  • 高く売るコツ
  • 貴金属のお手入れ
  • ブランド品のお手入れ
  • >店舗のご案内

05月25日

K24インゴット

¥4,673-

前日比+19円

Pt1000インゴット

¥3,267-

前日比+23円

ゴールドジャパンブログ


コピー品撲滅
ご注意ください

ウォルサム

1850年、三人の夢多きアメリカ人のアーロン・L・デニスン、エドワード・ハワードそれにディヴィッド・ディヴィスが米国マサチューセッツ州ロックスベリーの町でポケットウオッチ工場を創業しました。
その二年後、この会社はパーツ交換可能なシステム採用の高性能ウオッチ・ムーヴメントの機械生産開発に成功し時計製造業界に革命をもたらしました。

業務拡大に伴い新しい拠点として1854年に近くのウオルサムの町に移転し、ここで生産と営業活動を続け、世界中の時計製造の基準やスタンダードとなる技術やノウハウを提供するようになりました。

1876年に開催されたアメリカ合衆国の独立100年を記念するフィラデルフィア万博では時計の精巧度コンテストで金賞を獲得、ウオルサム製時計が当時、世界中で最も精巧で性能が高いことが証明されました。
“クレセント・ストリート(Crescent Street)”と名づけられたムーブメントは、常に時間に正確さを求める鉄道会社の要請に応じ、彼等の求める厳密な要求と基準を見事にクリアした逸品だったのです。

また、アメリカとカナダで初めて公式認定された鉄道時計や、チャールズ・リンドバーグがニューヨーク-パリ間の無着陸飛行を達成した機体に搭載された8日巻きの航空時計、北極点到達を果たした探検家ロバート・ピアリーが着用していた時計など、さまざまな厳しい環境下において正確な時を刻むことを証明したのもウオルサム(WALTHAM)でした。

その後1954年には本拠地をスイスに移し、さらにクオリティの高い時計作りに励みました。以来、卓越したスイス製の高級ウオッチを世に送り続け、そのコレクションは世界中の人々を魅了しています。

また、アメリカ大統領より14代将軍・徳川家茂にウオルサム(WALTHAM)の懐中時計が贈られるなど、古くから日本との関わりが強く、明治維新後は鉄道時計としても親しまれてきました。

時計買取のご依頼は、ゴールドジャパンにご相談ください。
ウォルサム買取りを強化しています。

松山本店

松山市山越3-6-30
マリンビル1F
>>アクセスマップはコチラ

TEL:089-927-0246
(営業:10時~19時/年中無休)

今治店

今治市中寺256-5
>>アクセスマップはコチラ

TEL:0898-35-0561
(営業:10時~19時/火曜定休)

新居浜店

新居浜市西の土居町1-3-28
TOKYOネバーランドビル1F
>>アクセスマップはコチラ

TEL:0897-37-1877
(営業:10時~19時/火曜定休)

宮崎店

宮崎県宮崎市橘通東4-6-27
中野ビル1F
>>アクセスマップはコチラ

TEL:0985-65-5610
(営業:10時~19時/火曜定休)

TOPページへ戻るこのページの先頭へ